激安ののぼり旗のデメリット

のぼり旗を激安サービスで作成するデメリットとしては、
まず色落ちしやすいことが挙げられます。

生地の上にプリントすることで簡単に作成できるものですが、
インキが太陽の紫外線を受けることで劣化しやすくなります。

たとえフルカラーでプリントしても、割と早く色が落ちてしまうので
宣伝効果も落ちてしまいます。

けれども短期間だけ使用するのであれば、このような
激安のサービスでコストを抑えて作成するとお得です。

あるいは定期的にデザインを変えて交換するのであれば、
逆にこのように劣化しやすいものでもコストパフォーマンスは
高くなります。

けれども派手に目立つことが必要なのぼり旗であっても、
激安サービスによるプリントは鮮やかさに欠けるものです。

また生地にインキが染み込まないので、裏面が安っぽい
印象となってしまいます。

これもデメリットと言えます。
のぼり旗は風でなびくものなので、裏面を見た時に
インパクトがないのは欠点とも言えます。

それでも複数本数を立てることで、そのデメリットは
カバーできます。

またのぼり旗は同じデザインで長く使用していると、
見飽きることで宣伝効果が薄れてきます。

そのために定期的にデザインを変えて交換することが必要です。

けれども長持ちするシルク印刷で毎回作成すると、
費用がかなり必要となります。

その点、幾つかのデメリットがあるとはいえ、このような
安いサービスを利用することで費用対効果を高めて
宣伝に活用できるものです。