激安ののぼり旗のデメリット

のぼり旗を激安サービスで作成するデメリットとしては、
まず色落ちしやすいことが挙げられます。

生地の上にプリントすることで簡単に作成できるものですが、
インキが太陽の紫外線を受けることで劣化しやすくなります。

たとえフルカラーでプリントしても、割と早く色が落ちてしまうので
宣伝効果も落ちてしまいます。

けれども短期間だけ使用するのであれば、このような
激安のサービスでコストを抑えて作成するとお得です。

あるいは定期的にデザインを変えて交換するのであれば、
逆にこのように劣化しやすいものでもコストパフォーマンスは
高くなります。

けれども派手に目立つことが必要なのぼり旗であっても、
激安サービスによるプリントは鮮やかさに欠けるものです。

また生地にインキが染み込まないので、裏面が安っぽい
印象となってしまいます。

これもデメリットと言えます。
のぼり旗は風でなびくものなので、裏面を見た時に
インパクトがないのは欠点とも言えます。

それでも複数本数を立てることで、そのデメリットは
カバーできます。

またのぼり旗は同じデザインで長く使用していると、
見飽きることで宣伝効果が薄れてきます。

そのために定期的にデザインを変えて交換することが必要です。

けれども長持ちするシルク印刷で毎回作成すると、
費用がかなり必要となります。

その点、幾つかのデメリットがあるとはいえ、このような
安いサービスを利用することで費用対効果を高めて
宣伝に活用できるものです。

美術館で開催中の展覧会をのぼりでお知らせ

美術館や博物館などの文化施設では、定期的に企画展と呼ばれる
イベントを開催しており、それらの告知には一層の力を入れるということも多くあります。

特に話題の企画展になると、テレビやラジオ、またはホームページなどでも
広く告知を行う他、ポスターなどを街の様々な箇所に掲示するということも
多く行われます。

しかし、こうした告知の方法以外にも、美術館の建物近辺で周辺を通行する人に
広く開催中の案内を掲示する方法として、のぼり旗を利用するのも有効な方法です。

のぼり旗は、作成にかかる費用が比較的安価で、特に多くの量を作れば、
単価をさらに安くすることができます。

のぼり旗のデザインも、実に多様なものを作成することができ、
表記する文字のレイアウトやフォントも自由に選ぶことができるため、
展覧会の開催を一目で分かるような視認性の高いレイアウトにすることも可能です。

色々な場所に設置することができるのものぼり旗の大きなメリットで、
屋外の柵などに縛り付けたり、ベースを付けて屋内で使用するなど、
多様な使い方が可能です。

不動産屋で新生活シーズンにのぼりで強みをアピール

春になり、日差しが暖かく感じられる頃になると、入学や就職、
転勤など新生活シーズンが到来します。

新しい生活に向けて、引っ越しをする人が多く、新鮮な気持ちで
街を歩いている人も多い季節です。

引っ越しをする人は、アパートやマンションを探しに街に出て、
いくつか不動産屋を回ろうと探していることがありますが、
のぼりを見て、不動産屋に入ることも多く、目立つのぼりが
新生活スタートの目印にもなります。

春は風が強い日も多く、たくさんののぼりが風に吹かれている様子は、
この季節を象徴する風物詩でもあり、不動産屋の強みをアピールできる
格好のチャンスでもあります。

のぼりを見る人が多いので、強みの物件の種類や、キャンペーンなどの
お知らせを効果的に伝えることができるのです。

また、入学や就職、転勤など、すぐに引っ越さなければならない人は
もちろんですが、引っ越しを漠然と考えている人にもアピールできるので、
ちょっと見ていこうか、という気持ちをのぼりで引き出すことができるかもしれません。