城下町には昔ながらののぼりのデザインを生かして街づくり

最近の戦国時代ブームにより、活気が出てきている城下町が多いです。

活気を出すためにいろいろな工夫がなされていますが、その中でも
効果的だと思われるものにのぼり旗があります。

貼り紙でも同様の効果が得られると思われるかもしれませんが、
戦国時代の雰囲気を出すには、昔ながらののぼり旗を使うのが
最も効果的と言えます。

そもそも、のぼり旗はかつて城下町にのみ許された、
端午の節句に子供の成長を願って旗を揚げるという、
城下町だけの風習なので、相性が抜群なのです。

のぼり旗のデザインを、城のイメージと深く関連付けて行えば、
そののぼり旗を生かして街づくりを行うことも可能です。

城下町の活性化を考える場合は、街づくりの視点でのぼり旗を
活用することを考えてみて下さい。

派手すぎるデザインは一般的には良くないので避けた方が無難ですが、
もしその土地ゆかりの武将が世間で派手な印象を持たれているのなら、
敢えて派手にしてみるのも効果的かもしれません。